--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港マカオOFF 滞在ホテル所在不明!

2012年01月25日 05:34

早朝6時toddleの車がやってくる。パスポートと500円までのお菓子を手に関西国際航空へ。

DSC06105.jpg

やっぱり飛行機見るとテンション上がります。今回の旅行はSHIMOKOと男二人の自信会OFF香港・マカオ2泊4日の旅。まず初日にマカオのカジノで遊んで、その後は所持金次第のノーガイドノープラントラベル。ちなみに私とSHIMOKOは英語から中国まで、ウィーキャンノットスピークです。まぁ何とかなるだろ。

とりあえず、飛行機で約3時間。飛行機の中では、SHIMOKOが墜落の恐怖と戦いながら、残飯並みの機内食をガッツリ残して、香港空港へ到着。そして、電車で九龍駅に。旅行代理店のネーチャン曰く「駅から五分のところにホテルがあります」とのことだったが、

DSC06110.jpg

駅近くにそれらしきホテルなどない。それどころか駅の近くは再開発がバンバン進められており、徒歩5分の範囲に建物すらない。本屋で買ったガイドブックを見ても、宿泊するホテルがまったく掲載されていない。ノーガイド、ノーコミュニケーション状態で早くも絶体絶命の危機。これぞ自信会クオエリティ。しかし、まだ慌てる時間じゃない。とりあえず、駅員なり店の人に旅行代理店でもらった、日程表に記載されているホテルの住所を指差し、アイウォントゥゴヒァーを連呼。だが、英語と中国語で説明されるため、何を言ってるかわからねーと思いながら、ありのまま起こったとこを把握すると、口で説明できる距離じゃねーから、とりあえずタクシーで行けということらしい。

タバコを吸い、一息ついたところで、タクシー乗り場でタクシーを捕まえ、日程表に記載されている住所を指差し、決め台詞の「アイウォントゥゴートゥヒァー」。髪の毛を刈り上げ、前髪をアシンメトリーにカットした若い運転手は、曖昧な返事をして車を出発させた。どうやら理解したらしい。車内では、既に懐かしく聞こえる日本語のJ-popが流れていた。少し異国にいる緊張感から開放されたに思われた、その時! 予想だにしない展開が!

タクシーの運転が超荒い! ハンパじゃない! こいつ新手のスタンド使いか!? 俺とSHIMOKOは目を丸くしながら、後部座席で窓の上にあるつかまるところを一心に握った。もうダメかもわからんね、俺たち。初乗り20香港ドル(1香港ドル=約10円 香港初乗り約200円)のメータを眺めながら、そう思った。

その時SHIMOKOはカイジばりに鼻を尖らせて焦っていた。「本当の敵は飛行機ではなく、タクシー! 不覚…不覚…。一体飛行機が年間に何度墜落するというのだ!? もっと身近に高確率で事故死できる乗り物! 自動車! まさに盲点! 俺は飛行機ではなく、自動車で死ぬ確率が高いのだ。この恐るべき車間距離、このスピード! 今一般道で時速90キロ! 確実に死ぬ! 俺は祈るしかない! ホテルまで事故らず、たどり着け!

…。おかしい…。徒歩5分…!?

すでにタクシーに乗って10分以上…! この運転手本当に行き先を理解しているのか…!? …!? はめられた…っ!? この運転手理解している…!? 俺たちが日本人旅行者であることを…!! 最悪…最悪…最悪…!? この車から逃げられない状況…!? 俺たちは嵌められた!! 俺たちはホテルにいけない…!?


次回に続く!!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jisinnkai.blog90.fc2.com/tb.php/512-0dd1e55c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。