--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り最終日

2009年08月19日 10:20

太陽がまぶしい午後。スタバで抹茶フラペチーノを優雅にテラスで飲んでたら、
隣の大阪から旅行にきたと思われるおばちゃんが、携帯で電話しながら「めっちゃむかつくわー」とか
「どうしよー」とか「警察までよんだのに無理やったー」とかしゃべってました。

話の内容からするに、金券ショップで新幹線のチケットを買ったが、
今日は使えない券を買ってしまって、払い戻しを申し出たが断られて、
警察まで呼んで交渉したが、払い戻してくれないという内容だった。

夜勤明けで48時間を1時間の睡眠で乗り切った今の俺にそうでもいい内容だった。

すると、そのおばちゃんが「あのー」って話しかけてきた。

ざーっと一部始終を聞かされて第三者的にどう思うか?と質問されたので、
「店もあなたもどっちも悪いですね。お互いの認識・知識・説明不足です」と言っておきました。

最近の消費者はサービスを受けて当たり前みたいな風潮が強いですが、
実際契約、売買をするのは、自分の責任という意識がまったくないようで、
「お前は銀のスプーンをくわえて生まれてきたつのりかと」いいたくなります。

なんというか「私、お客だからあたりまえじゃない?」とう態度が気に入りません。

終始「やっぱ私が悪いんですか~?」といっていましたが、そのとりでしょう。
結果そうなった以上自分の力不足を認識しないというのは、どういうことか?
彼女は被害者的立場になり、同情してもらい、自分は悪くないと信じたいんだろうなと。


うん、どうでもいい。


そのあと変なギャルが二人合流して、その金券ショップの悪口を散々大声で叩いていました。
もうそこにいる気がしなかったのでそそくさと去りました。
去り際に「どうも読書中すいませんでした~」と言われて、
「コーヒーの一杯でも買ってその席に座れよ」とは返さず、笑顔でお辞儀をして去りました。

「激しい『喜び』はいらない・・・・・・そのかわり深い『絶望』もない・・・・・・
『植物の心』のような人生を・・・・・・そんな『平穏なティータイム』こそわたしの目標だったのに・・・・・・」

どうも、怒りのスパーモスモス人、@夜警です。

mhf_20090819_082905_818.jpg

どうなるんでしょうね祭り。最終日の終わり30分前の集計。ちなみに最後のシクレは紅。

mhf_20090819_093749_125.jpg

あと、韋駄天の順位が楽しみだ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jisinnkai.blog90.fc2.com/tb.php/119-08af5980
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。